FC2ブログ

スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解答のない問題 第6章

2012.11.09.Fri.10:25
第6章 売上高と売上債権
第1節 営業循環における収益の認識
1 3つの収益認識基準
(1)販売基準
問6-1☆☆ 販売基準の意義とその採用根拠を簡潔に説明しなさい。

販売基準とは販売の時点で収益を認識する方法。
財貨の引き渡し・サービスを引渡し、対価として貨幣性資産を受領することによって、収益が確実かつ客観的になるという実現主義の要請に基づき採用される。

*採用根拠がうまく説明できません。実現主義とからめてよかったのでしょうか。

(2)生産基準
問6-2☆ 生産基準の意義と適用業種等を踏まえて具体的認識基準名称を指摘しなさい。

生産基準とは、生産の進行に伴って収益を認識する方法。
貸金業や不動産賃貸業の継続的役務提供取引における時間基準、建設業や造船業の請負工事における工事進行基準、鉱山業の金や銀の採掘、全量買い上げの契約農家の収穫基準がある。

(3)回収基準
問6-3☆ 回収基準とは何か。適用されるケースとあわせて簡潔に説明しなさい。

代金を回収した時点で収益を認識するのが回収基準である。
代金回収が長期に渡る割賦販売において例外的に適用される。

2 利益計算への影響の比較
問6-4☆ ある製品の製造から代金回収に至る過程を想定し、生産基準および回収基準が販売基準と比較した場合の全過程とその途上での利益計算への与える影響を簡潔に説明しなさい。

生産基準では、販売基準より早期に収益を認識し、回収基準では、販売基準に遅れて収益を認識するので、
製造から代金回収の途上では、利益額が異なるが、全過程での利益総額はどの基準も同じになる。

第2節 販売基準
1 通常の販売
問6-5☆ 売上値引、売上返品、売上割戻、売上割引の取扱いをその理由とともに説明しなさい。

売上値引、売上返品、売上割戻は、売上の減少として売上収益と売上債権を相殺するが、売上割引は早期決済による金利の免除の性格を有するので、営業外費用として計上する。

2 特殊販売
(1)委託販売と受託販売
問6-6☆ 委託販売の収益認識を簡潔に説明しなさい。

受託者が商品を販売した時に収益を認識する。
売上計算書が販売のつど送付されている場合には、計算書の到着日収益を認識することができる。

(2)試用販売
問6-7☆ 試用販売の収益認識を簡潔に説明しなさい。

得意先が買受の意思表示をした時に収益を認識する。

(3)予約販売
問6-8 予約販売の収益認識を簡潔に説明しなさい。

決算日において、当期に財貨の引渡し・サービスの提供を完了した部分の収益を認識する。

(4)割賦販売
問6-9☆☆ 割賦販売における原則的な収益認識を簡潔に説明しなさい。

販売した時点で収益を認識する。

(5)工事契約
問6-10☆☆ 収益認識基準としての工事完成基準と工事進行基準とは何かそれぞれ簡潔に説明しなさい。

工事完成基準とは、工事が完成し、引き渡した時点で収益を認識する方法。
工事進行基準とは、決算日における工事の進行割合に応じて収益を認識する方法。


問6-11☆☆☆ 工事契約に関する会計基準における工事契約の収益認識を簡潔に説明しなさい。

成果の確実性が認められる場合には、工事進行基準を適用し、そうでない場合に、工事完成基準を適用する。


*リスクからの解放という用語を使って説明するのでしょうか。
成果の確実性が認められる場合には、工事契約の投資にあたって期待された成果が確実になったものと認められ、リスクから解放されていると考えられるので、工事進行基準を適用する。という解答も考えました。

問6-12☆☆☆ 成果の確実性が認められる要件を簡潔に説明しなさい。

工事収益総額・工事原価総額・決算日における工事進渉度を信頼性をもって見積もることができること。

第3節 生産基準
1 継続的役務提供
問6-13☆ 継続的役務提供契約に時間基準(生産基準)が認められる理由を述べなさい。

契約によって相手と対価が確定しており、時間の経過による収益が確実かつ客観的であると認められるから。

2 工事進行基準を適用する工事契約
問6-14☆☆ 工事収益総額を見積る前提を簡潔に説明しなさい。

工事が完成する確実性が高く、対価合計額、決済条件・方法等の定めがあること。

問6-15☆☆ 工事原価総額を見積る前提を簡潔に説明しなさい。

事前の見積りと実際発生原価とが比較でき、適時・適切に見積りの見直しが行われていること。

問6-16☆☆ 工事進捗度を見積る方法を2つ簡潔に説明しなさい。

①技術的・物理的な尺度を基礎とする方法。
②実際工事原価の発生比率による方法。

問6-17☆☆ 工事進行基準を適用した契約について、工事収益総額、工事原価総額、決算日における工事進捗度に変更が生じた場合の取扱いを述べなさい。

変更の影響額をその年度の損益として処理する。
 
問6-18☆☆ 工事損失引当金が計上される場合を簡潔に説明しなさい。

工事原価総額が、工事収益総額を超過する可能性が高く、かつその金額を合理的に見積もることができる場合に工事損失引当金を計上する。

3 金銀及び契約栽培の農作物
問6-19☆ 金・銀や全量買取契約が締結されている農産物に収穫基準が適用される理由を述べなさい。

容易に売却できる市場があることや、全量買取り契約等がある場合は、販売を待つまでもなく、収穫時点で収益を計上することがより経済的事実を反映できるから。


第4節 回収基準
問6-20☆☆ 割賦販売の例外的な収益認識基準を簡潔に説明しなさい。

代金を回収した時点で収益を認識する回収基準と、代金回収の期限が到来した時点で収益を認識する回収期限到来基準がある。


問6-21☆☆ 割賦販売について、例外的な収益認識が認められる理由を簡潔に説明しなさい。

代金回収が長期間に渡り、収益が不確実になりやすく、貸倒引当金の設定などにも困難を伴うため。

第5節 売上債権
2 受取手形
問6-22☆☆ 金融資産の消滅の認識につき手形割引を例に説明しなさい。

手形割引によって、譲受人の手形上の権利が法的に保全され、その権利を通常の方法で享受でき、譲渡人は手形を買戻す権利を有しないので、権利に対する支配が移転する要件を満たすことにより手形の消滅を認識する。


*権利を行使・権利を喪失・権利に対する支配が他に移転、という消滅の認識のうちの、最後の「支配が移転」について説明する、という意味でよかったでしょうか。
質問の意味を理解するのに時間がかかります。

3 貸倒引当金
問6-23☆☆ 売上債権に対する貸倒損失の性格を簡潔に説明しなさい。

信用取引に伴うコスト、売上収益に対する費用である。


問6-24☆☆ 債権の貸借対照表価額について述べなさい。

債権金額から貸倒引当金を差し引いた額が、回収見込み額である。


問6-25☆☆ 貸倒引当金の算定方法の名称を債権の区分ごとに指摘しなさい。

一般債権・・貸倒実績率法
貸倒懸念債権・・財務内容評価法、キャッシュ・フロー見積法のいづれかを継続適用
破産更生債権等・・財務内容評価法


問6-26☆☆ キャッシュ・フロー見積法について簡潔に説明しなさい。

キャッシュ・フロー見積法とは、見積キャッシュ・フローを当初の約定利子率を用いて算出した割引現在価値と、帳簿価額との差額を貸倒引当金として計上する方法。


■ 感想 ■
問題を読んで、キーワードが浮かぶものと、浮かばないものとあります。ズバッと短く説明できないのは、一番大事な単語なり考え方なりがあやふやで、まだ理解できていないのだと思います。
解答のない問題をしばらく解いていないと調子が悪いです。くせになりますね。
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
トラックバック
第6章 売上高と売上債権第1節 営業循環における収益の認識1 3つの収益認識基準(1)販売基準問6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。